Mai.KAkashi Diary

カテゴリ: まい & かかし

ただいま(笑 再開だぉ〜♪ 2005年8月まだまだ麻衣たん自身の魅力に気付いていなかったおいら。。。 でも麻衣たんファンとしてCD・DVDコンプリートに頑張っていたぉ お盆休み前に出逢ったのが "麻衣リフ"(笑 めっちゃライブに行きたくなったぉ。。。 た ...

確か連載だった筈のアレ(笑)暫く書いてないけどまた再開したいと思うぉ よかったらまたみてね〜♪ ...

五年半遅れて麻衣たんのファンの末席にようやく辿り着いたおいらはまず麻衣たんのCD・DVDのフルコンプリートを目指す事になったぉ(笑) ん〜ヲタの片鱗が(爆) 依然として麻衣たん自身にはあまり興味を持つ事が無い上にネットの世界にまだ足を踏み入れてないから麻衣たん ...

プロローグに5年半って(爆) 麻衣たんのファンとして覚醒したおいらだけどまだまだ普通のファンだったぉ(笑) しかも当初は麻衣たん自身には余り興味を持つことなく…誕生日もしらなかったぉ (^-^;神をも恐れぬ所業… とりあえず作品から(爆) ただ此処から段 ...

麻衣たんが大学を卒業して音楽活動に専念出来る様になった2005年も半分が終わろうとしていた6月のとある日ふとした事からDVDプレイヤーを手に入れたぉ…衝動買い(爆)少しは人並みの生活に(ノ_・。) 最初は普通にDVD観てたぉ〜♪ が! (ん!?確かDVDプレイヤーってCD聴ける筈 ...

一般なおいらが知らない間に麻衣たんは始動してた。。。 CMの麻衣たんキュートだったぉ〜♪ でもそれ以上心動かず。。。 ズームイン派だけど何か? 麻衣たんとの距離があるようだけど実はMDに落とした Perfect Crime FIARY TALE はずっと ...

2004年麻衣たんいちばん(笑 そんな風の便りを耳にしつつおいらは。。。 ! ところがそんな駄目駄目な日々を送るおいらが偶然! 平安神宮ライブをTVで観た 最初は?だったけど (なんだか聴いたことある。。。ん?。。。あ!) クラキマイ! ...

まぁ結局こうして生きているのも一通のメールのお蔭であるんだけどテーマとはズレるのでその辺りの話は割愛する 2003年後半の麻衣たんといえば平安神宮LIVEとか紅白初出場かな LIVEはその時は知らなかったけれども無関係と云う訳でもないぉ(謎) 紅白は観た!! ...

2003年おいらの"麻衣祭"もおいらが直面していた諸問題であっさり鎮静化… 麻衣たんがSINGLE連続RELEASEのトリ"風のららら"を世に送り出したころおいらは単身埼玉にやって来た おいらにはMDウォークマンと何麻衣かのMD…麻衣たんの"Perfect Crime""FIARY TALE"もあったよ ...

おいらが今の立派な麻衣ヲタ(笑)になるまでの麻衣たんとおいらの話をちょこちょこ書かせて貰ってるけど振り返ってみればおいらみたいな平凡な人間にもそれなりのエピソードがあるもんだね(笑) 具体的なエピソードがあってファンになりましたとかだったらカッコイイんだけ ...

麻衣たん大忙しの2002年 春から夏にかけてはCMの麻衣たんにドキドキしつつも一般なおいら(笑) FIFAのLIVEとか地上波で放送されたのにどうやら裏番組を観てたらしい(笑) でも奇跡的に情報キャッチしたダークエンジェルはしっかり観てたりして(爆) でも…秋 ここ ...

2002年になっていきなり麻衣たん三昧(笑)ぇ 当時の仕事は定期的にラジオを聞きながら仕事を出来たんだけどタイミングよく… "Winter Bells"のバワープレーが麻衣日麻衣日(笑)一日3〜4回〜♪ (*´д`*).oO (倉木麻衣やっぱいい…) まだ呼び捨てだった(笑) (^-^; ...

Can't forget your love / PERFECT CRIME−Single Edit− がリリースされたことも知らずドラマの主題歌であることも知らずにまた麻衣たんとの距離が離れた〜 > 「まい&かかし」連載中〜♪ 01出逢い 02歌 姫 03快進撃 04飛 翔 05新世紀 ...

2001年21世紀となり麻衣たんは高校卒業して立命館大学に入学 おいらは一般の人のまま。。。爆 たまたまテレビで麻衣たんの入学式の模様を観たぉ オーラ出まくりでモデル系綺麗なお姉さんって感じで すらっとしてたんで身長が170cmくらいあるのかと思ったぉw "お澄ま ...

delicious way 発売から数カ月経ち秋になり麻衣たんは三大歌姫と世間に認知されていた一方でおいらは世間に埋没してた(笑) その頃シングルは殆ど買わなかったからリリースとか疎くてファンでも何でもなかったね(笑) ただ16和音!の携帯に買い換えて Love,Day After Tomo ...

このページのトップヘ